簿記を学びませんか?/簿記講座

ここでは、簿記のクイック講座を開設します。

複雑な簿記もおおまかな概要を掴むことで、簿記の本質を知ることができます。 早速、簿記を学んでいきましょう。

簿記を学びませんか。

「簿記の検定試験を受けるつもりはないけれど、簿記の基本は知っておきたい」

 

 こんな思いを持っている人が多いようです。 

 実際、ビジネスにおいて、簿記ほど応用できる知識は他にありません。簿記は、お金を管理する経理はもちろん、営業においても必須のビジネス知識です。営業は、お客さんと取引する際に、いくらで売り、いくら儲かるのかを知っていなければなりません。簿記を学べば、こうした基本的な営業センスがしっかり身につきます。

  将来、会社の経営に参画するようになれば、簿記の知識がますます役立ちます。経営者は、どの商品が、どのくらい儲かっているのか、を常に知っておかなければなりません。簿記の知識があれば、このような経営判断がすぐにできます。

このように簿記を学ぶことで、ビジネスで活躍できる場はどんどん広がっていきます。

 簿記を勉強する際に気になることの一つに「勉強時間」があるでしょう。いくら簿記が重要だと言われても、多くの勉強時間を必要とするのでは、はじめの一歩が踏み出せません。

 そのHPは、最小限のエネルギーで最大限の効果を得るために、簿記の知識のうち実務で重要性の低いものはどんどん削り落し、徹底的にスリム化して紹介していきます。このHPによって、みなさんが、短時間で簿記の基本を習得され、優秀な人材としてビジネス界でご活躍されることを心から願っております。

 

                                           簿記と会計の独学講座 

                                            開設者 伊達 敦

 

簿記とは何か

簿記は会社のお金を管理すること

簿記とは、「帳簿入」の略です。これは、お金にかかわる取引を帳簿に記入することを意味します。簿記によって、会社のお金の動きが正確にわかります。会社は、かならずお金を使いますから、簿記がかならず存在するのです。簿記の技術があれば、どんな複雑な取引もきれいに処理することができます。

・簿記によって、「決算書」はつくられる

 

会社は、年に1回、決算書を作成します。

決算書とは、1年間の会社の「財産」や「もうけ」を集計した会計資料です。決算書は、大きく2つの種類があります。会社の「財産」がわかる「貸借対照表」と会社の「もうけ」がわかる「損益計算書」です。この決算書は簿記によって作成されます。

 

 簿記は「勘定科目」を覚えることからはじまります

・英単語と勘定科目

英語の勉強は「英単語」を覚えることからはじまります。英単語そのものを知らなければ、英語をマスターすることはできません。 はじめて、英語を勉強した頃を思い出してみてください。地道に英単語を一つひとつ覚えたはずです。

この英語の勉強方法は、簿記を学ぶうえで、参考になります。

簿記で、英単語に相当するのが「勘定科目」です。 勘定科目とは「現金」や「借入金」のような「簿記の単語」のことです。 簿記はこの「勘定科目」を覚えることからはじまります。

・5つのグループと勘定科目

勘定科目は、大きく5つのグループに分けられます。「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」の5つです。このうち、「資産」「負債」「純資産」の3つのグループは、貸借対照表の作成に必要な勘定科目です。貸借対照表とは、会社の「財産」がわかる資料です。また「収益」「費用」の2つのグループは、損益計算書の作成に必要な勘定科目です。損益計算書とは、会社の「経営成績」がわかる資料です。

 

関連目次一覧