決算書とは何か/決算書講座

ここでは、はじめて会計を学ぶ人のために「決算書」と「経営分析」の基本について、クイック講座として、紹介してきます。

決算書講座編

決算書とは何か

決算書で、会社の経営実態がわかる

決算書は、大きく3つの種類があります。

貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書の3つです。

「貸借対照表」とは、会社の財産がわかる決算書です。現在、会社の財産は何がどれくらいあるのかを知ることができます。

「損益計算書」とは、会社の営業成績がわかる決算書です。会社の売り上げは、どれくらいあったのか、そして、最終的にいくら儲かったのか、を知ることができます。

「株主資本等変動計算書」は、会社の利益配分がわかる決算書です。会社の利益を配当金や内部留保金にどれくらい配分したのかを知ることができます。

 

貸借対照表を知る

 

貸借対照表には、土地や建物などの財産ばかりではなく、借入金などの借金も含めて記載されます。貸借対照表は、「資産」「負債」「純資産」の3つの大きな柱で成り立っています。3つの柱は以下のように配置され、左右それぞれの合計額がバランスよく一致します。貸借対照表が、英語で、バランスシート(BalanceSheet)略して、B/Sと呼ばれる理由です。

                            貸借対照表のつくり

  資   産   負   債
  純 資 産

 

それでは、3つの要素を個別にみていきましょう。

まず、「資産」からです。

おもな資産は、つぎのとおりです。

・現金・預金―わたしたちが、毎日使っているお金です。預金は、銀行に預けているお金です。

・受取手形―受け取った約束手形です。受取期日に現金になります。

・売掛金―売上代金の未回収金です。後日、入金されます。

・有価証券―他の会社の株式や国債などです。

・商品―まだ売れていない商品です。

・土地―所有する土地や駐車場です。

・建物―自社ビルや店舗なです。

 

つぎに「負債」です。

負債とは、会社の借金と考えてください。

おもな負債は、つぎのとおりです。

・買掛金―仕入代金の未払金です。後日、支払います。

・支払手形―支払った約束手形です。支払期日には、現金で支払います。

・借入金―銀行などからの借金です。

 

つぎに「純資産」です。

純資産とは、資産から負債を差し引いた残高になります。

純資産を計算式であらわせば、つぎのとおりです。

 

          資産―負債=純資産

 

資産から負債を差し引いた残りが、会社の純粋な財産というわけです。

 

 

貸借対照表
  資  産   金  額    負債及び純資産   金   額
現金・預金 5,000 支払手形 4,000
売掛金 6,000 買掛金 6,000
有価証券 4,000 借入金 4,000
商 品 7,000 資本金 15,000
建 物 8,000 当期純利益 1,000
合 計 30,000 合 計 30,000

損益計算書を知る

損益計算書によって、会社の営業成績がわかります。

損益計算書は、収益・費用・利益の3つの要素で成り立っています。

損益計算書は、英語でProfit&LossStatement(略してP/L)といいます。 

・損益計算書の5つの利益を知る

 はじめて損益計算書を学ぶ人は、意外に思われるかもしれませんが、損益計算書には、5つの利益があります。

 ・売上総利益

・営業利益

・経常利益

・税引前当期純利益

・当期純利益

これらの5つの利益は、それぞれ意味があり、バラバラに独立しているわけではありません。お互いが深くかかわりあっています。

 それでは、順番に5つの利益をみていきましょう。

 

売上総利益とは何か

売上総利益は、「会社のもっとも基本となる利益」です。

売上総利益の計算式は、つぎのとおりです。

 

売上高―売上原価=売上総利益

 

この売上総利益は、5つの利益のうちでもっとも重要な利益となります。なぜなら、会社は、この売上総利益をつかって、社員のお給料やオフィス賃借料、電話代・fax代などさざまな諸経費を支払うからです。

 

営業利益とは何か

営業利益は、会社の「本業で稼いだ利益」です。たとえば、自動車会社なら自動車の売上、製薬会社なら薬品の売上、ということになります。営業利益の計算式は、つぎのとおりです。

 

売上総利益―販売費及び一般管理費=営業利益

 

「販売費及び一般管理費」(略して販管費(はんかんひ))とは、従業員の給与や社会保険料などの人件費、さらにオフィス賃貸料や接待交際費などがあります。

経常利益とは何か

経常利益とは、会社が本業以外で稼いだ利益を意味します。

たとえば、製薬会社が株の運用で稼いだ利益は経常利益になります。

経常利益の計算式は次の通りです。

 

営業利益+営業外収益―営業外費用=経常利益

 

営業外収益は、つぎのようなものになります。

 受取利息、有価証券売却益、受取配当金など

営業外費用は、つぎのようなものになります。

 支払利息、有価証券売却損など 

 

 税引前当期純利とは何か

税引前当期純利益は、その名のとおり法人税などの税金を支払う前の利益です。経常利益に臨時的に発生した特別な利益と損失を加減した利益です。特別利益とは、臨時的に発生した特別な利益です。

 

特別損失とは、臨時的な特別損失です。

税引前当期純利益の計算式は、つぎのとおりです。

 

経常利益+特別利益―特別損失=税引前当期純利

 

当期純利とは何か

当期純利益は、税引前当期純利益から法人税や都道府県税などを差し引いて、計算されます。

当期純利益の計算式は、つぎのとおりです。

 

税引前当期純利益―法人税等=当期純利益

 

法人税は、会社の利益に課税される税金です。さらに法人税に連動して、住民税と事業税も課税されます。これらを法人税等といいます。

 

これまでの5つの利益を振り返ると次のような損益計算書になります。

 

                                 損益計算書

                   項   目                  金   額
売上高 1,000
売上原価                                                                          800
売上総利益                                                                         200
販売費及び一般管理費                                                                            50
営業利益                                                                          150
営業外収益                                                                           30
営業外費用                                                                           20
経常利益                                                                          160
特別利益                                                                            20
特別損失                                                                            40
税引前当期純利益                                                                          140
法人税等                                                                            70
当期純利益                                                                            70

 

株主資本等計算書を知る

株主資本等変動計算書で、会社の経営姿勢を知る

 会社が稼いだ利益を何に使うかで、会社の経営姿勢がわかります。

たとえば、ある会社は、配当金に多くのお金を使って、株主を重視し、また、ある会社は内部留保金を充実させます。株主資本等変動計算書を見れば、利益の配分ーすなわち、会社の特色と経営スタイルを知ることができます。

 

株主資本等変動計算書
株主資本  
  資本金 資本剰余金 利益剰余金 純資産合計
前期末残高 150 20 30 200 200
当期変動額          
剰余金の配当     ▲35 ▲35 ▲35
別途積立金     ▲5 ▲5 ▲5
当期純利益     90 90 90
当期変動額計     50 50 50
当期末残高 150 20 80 250 250

 

   

関連目次一覧