独学で簿記を学ぶ人うえでのよくある質問

ここでは、独学で簿記を学ぶうえでのよくある質問をダイジェストで紹介します。

難しく思う複雑もおおまかな概要を掴むことで、スムーズに学ぶことができるはずです。参考にしてください。

おすすめの簿記の独学方法は?

まず、簿記を学ぶ目的は大きく二つに分けられます。

 

一つは、日商簿記などの資格取得を目的とする場合です。

もう一つは、ビジネス現場で役立つ知識を身につけたい場合です。

当然ながら、この目的ごとに、おすすめ勉強方法の判断基準が異なります。

 

目的別の判断基準

 

まず、資格取得を目的に独学で勉強する場合、おすすめの勉強方法の判断基準はズバリ

合格率です。

目的が資格取得とはっきり一つに決まっている以上、合格する可能性が高い独学

勉強法が、おすすめの勉強法になります。

 

一方、ビジネス現場で役立つ知識を身につけることが目的で、簿記の独学で勉強する場合、判断

基準は異なります。既に仕事をしている方ですので、手軽さや値段の手頃さ、自由度も判断基準に関

係します。合格率は関係なく、実際にビジネスに役立つ知識かどうかの品質は関係します。

 

 

教材ごとの特長は?

独学勉強法の特徴を、通信講座、市販の教材、当協会の教材別に比較すると、次

のようなメリットデメリットがあります。

 

・通信講座

 

資格取得には最適です。

しかし、ビジネス現場で役立つ知識としてはオーバースペックで、不要な内容が多い。

価格が数万円と高額になります。

 

・市販の教材

 

資格取得には最適です。

ビジネス現場で役立つ知識としてはオーバースペックで、不要な内容が多い。

しかし、価格は数千円と通信講座よりかなり手頃になります。

 

・当協会の教材

 

ビジネス現場で役立つ知識にフォーカスした内容です。

簿記一式セットで、3,980円と手頃な価格。

資格取得目的の人には不向きになります。

教材ごとの特長比較
  通信講座 市販の教材 当協会の教材
資格取得について 最適 最適 不向き
       ビジネス現場で                 役立つか? 不要な知識が多い 不要な知識が多い ビジネス現場で役立つ知識に特化
値  段 数万円と高額 数千円とやや安い 講義、問題集、修了試験の              一式で 3,980円